はじめてのブッシュクラフトサバイバル教室 第4回「飲み水の確保」 2021年10月18日

先日(2021年10月18日)に開催した
「はじめてのブッシュクラフトサバイバル教室」第4回 ”飲み水の確保” 編 のレポートです。

森と同調する

この教室では、人が生きていくために必要な物を森の中から手に入れる方法や考え方を身に付けていきます。

自然に頼るためには、自然と仲良くなる必要があります。教室では毎回、感覚瞑想によって、森のリズムに自分の体を合わせて行くことから始めます。

大地のろ過装置作り

この会場には、そのままでも飲めそうな沢水が流れています。しかし、ウィルダネスな環境(街のインフラと離れた状態)では、水に当たってお腹を壊すことは、死に繋がる可能性があります(下痢による脱水症状を引き起こす)。
※ 念のため、この会場は車でアクセス可能、街中の里山なので、ウィルダネスな環境ではありません。

世の中にある水と言われる物を、飲める/飲めないで分類し、飲める水に変えていく方法を試してみます。

海水が蒸発し、雨水となって大地に浸透し、海へ戻っていく地球規模の水の循環があります。
この循環の中で、水はキレイになったり、汚れたりを繰り返しています。

今日作る、竹と炭と砂を使ったろ過器は、大地のろ過機能を真似した物と言えます。

ここの沢水はとてもキレイなので、実験では敢えて泥水を作って行います。そして、竹の容器で水を煮沸することもやってみました。

お昼は焚火料理

お昼は毎回焚火を焚きます。
お昼は受講生の皆さんにお任せしているのですが(もちろん、買ってきた物を食べても良い)、いろんな焚火料理が出てきます。

受講生の感想

英ちゃん

Q:この講座を何で知りましたか? 講座に参加する前に求めていたことは何でしたか? *
A:ホームページで知りました。森で過ごせるようになりたい。

Q:何が決め手となって講座に申し込まれましたか? *
A:4回に分けての集中講座であったことと、開催地が長野県だった事。

Q:この講座に参加してのご感想。今回学んだことで実践しようと思っていること。 *
A:森の中での講座で、感性が高まる環境で「水」の講義及び実践研修ができ、先生、他の参加者の方々と、いろいろな事がシェアできて良かったです。

Q:受講してみて満足度は? ○印をお付け下さい。 *
10
A:その理由は:
能動的な学びではなく、受動的な学びができた事。

Q:ご家族、ご友人に、今日の講座をお話ししますか? *
10
A:その理由は:
今の自分の感性から、飛躍的に感性が向上した為。

Q:(次にこの講座を受講する人へのアドバイス)講座をより楽しむために考慮しておいた方が良いことはありますか? *
A:自分の枠から脱皮し、全てを受け入れる事。

Q:このアウトドアスクールはどんな人にオススメしますか? *
A:自然及び森を通じて、ブッシュクラフトを学び感性を高めたい人。

Q:講師のすえっちはどんな人? *
A:いろいろな環境及び人に合わせ、その場を大切にする方。

Q:その他、ご意見・ご感想。他に解決したいこと、求めていること。 *
A:野草を学びたいです。4回のブッシュクラフトサバイバル教室卒業生対象者で、2泊3日ぐらいの集中講座で、ブッシュクラフトを学びたいです。

みぽりん

Q:この講座を何で知りましたか? 講座に参加する前に求めていたことは何でしたか? *
A:前回の参加者さんのFB投稿。もっと自然に慣れ親しみたい!という思いから山・森に興味が湧いてきたので参加しました。

Q:何が決め手となって講座に申し込まれましたか? *
A:参加者さんの楽しそうなFB投稿

Q:この講座に参加してのご感想。今回学んだことで実践しようと思っていること。 *
A:水のろ過はできなかったのですが・・・自然にもっと意識を向けて、遊び方や関わり方を知って、楽しめるようになりたいと思いました。講座の中ではまずは「感覚瞑想」

Q:受講してみて満足度は? ○印をお付け下さい。 *
8
A:その理由は:
参加者さん達も面白く、初めての体験色々の楽しい時間でした!、私には、水のろ過は高度だったので(笑)今はもっと単純に森遊びを楽しむ、親しむ段階からのスタートだなと思いました。

Q:ご家族、ご友人に、今日の講座をお話ししますか? *
10
A:その理由は:
初めての面白い体験だったから。ブッシュクラフトは、これから必要とする人、興味を向ける人が増えると思うから。

Q:(次にこの講座を受講する人へのアドバイス)講座をより楽しむために考慮しておいた方が良いことはありますか? *
A:この時期の森はもうあんなに寒いのだと知りました。田舎育ちですが、森で遊んだ経験と感覚がないので、寒い時期は服装・手袋などについても追記があるといいように思いました。

Q:このアウトドアスクールはどんな人にオススメしますか? *
A:まだ4回目しか参加してないので漠然としていますが、アウトドアや自然にもっと親しみ楽しみたい人。

Q:講師のすえっちはどんな人? *
A:好奇心旺盛に淡々と面白いことをやっている人

Q:その他、ご意見・ご感想。他に解決したいこと、求めていること。 *
A:次回はもっと単純な森遊び(焚き火)から楽しみたいです♪

次回は2022年2月20日(日)
第1回「サバイバルの基本ーシェルター作りとロープワーク」になります。

お申し込みは以下のwebサイトより。
※単発でも受講できます。

何か不明点や懸念点がありましたら、メールやLINEで気軽にお問い合わせ下さい。

友だち追加

メールでの講座案内をご希望の方は、こちらからご登録ください。

Facebook、Twitter、LINEでの配信も行っています。

Follow me!

私共は、自然豊かな長野県の里山を舞台に、
年間を通じて、大人向けのアウトドア教室を運営しています。

教室のご案内、アウトドアに役立つ情報を発信しています。メールマガジンへのご登録は以下のボタンをクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です