私たちが目指すもの

生きる力を取り戻したい大人達へ、森から必要な物を作り出す智慧に触れる機会を提供し、
人が自然に守られて安心して生きていける社会を創ります。

スクールを始めた想い

私が、
ブッシュクラフト=自然の恵みを頂くこと(そのスキル)
と認識している理由は、私がブッシュクラフトに惹かれた理由でもあるのですが、

昔 起業して、生きるためにはお金を稼がなくてはいけない!
って思い込んでいたときに本屋さんでブッシュクラフトに出会いました。

これを読んだときに
「なんだ。ブッシュクラフトのスキルを身に付ければ、人はお金を稼がなくても自然の中で生きていけるんだ。」

と不思議な安心感を感じたことからです。

この安心感を分かち合いたくてブッシュクラフトスクールを始めました。

YouTubeで解説動画をアップしています

良かったらご覧ください。

校長プロフィール

すえっち

末次克洋(すえなみ かつひろ)

校長、講師

ジャパンブッシュクラフトスクール 認定インストラクター
一般社団法人危機管理リーダー教育協会 認定災害対策インストラクター
WMA(野外災害救急法)WAFA アドバンスレベル 修了

1977年生まれ。
長野県松本市在住。出身は名古屋。

大学時代にテント泊の自転車旅で日本をまわり、水道とトイレさえあれば泊まれることを知る。
社会人になってからバックカントリースキーを始め、−20度の雪山テント泊を経験。
息子が1歳の時からキャンプに連れて行き、毎年友人家族とファミリーキャンプも楽しむ。
自給的な暮らしがしたいとブッシュクラフトを学び、道具を持たずに、森にあるものを活かした身軽なキャンプ術を探究中。

Profile Picture

法人向けコンサルティングサービス

構想力x講師力 + 専門性

私共が最も得意としていることは、構想力。
修了後に、誰に、何を身に付けて欲しいのか。それだけを聞かせて頂ければ、私共の方で最も効果的な内容を設計してご提案致します。

全国の企業、学校、自治体よりお問い合わせを頂いています。
標準的なプログラムについて提案書をまとめていますので、各ページをご覧ください。

報酬の目安

企画書作成(打ち合わせ、設計費込み):5万円(税別)
実施当日:半日(約2時間)10万円(税別)、一日(約4時間)15万円(税別)

材料費、交通費など別途。

NPO、学校関連の場合
基本5万円(税別)からですが、ご予算に応じます。

続いて、標準的な提案書を↓以下にご用意しています。

アウトドアサバイバルから学ぶ 防災・災害対策研修のご提案
:企業向け社員研修

ご相談内容に応じて、研修全体のトータルコーディネートから、講師、アドバイザーとして関わることが可能です。

・はじめての 防災・災害対策プランWS
・自分で自分の身を守る基本と 非常用持ち出し袋 講座
・都市サバイバル技術 実践編

野外活動、環境学習の授業デザイン、実施について
:学校における学習支援のご提案

ご相談内容に応じて、授業全体のトータルコーディネートから、講師、アドバイザーとして関わることが可能です。
アウトドア教室の運営、パーマカルチャーを始めとした循環型の生活スタイル、研修講師としてのアクティブラーニング、講座デザイン経験を元に対応致します。

・各教科の学習の補助授業として
・野外活動の基礎的知識の取得、体験指導として
・SDGs、生きる力、環境教育の一環として

アウトドアイベント、講座のご提案
:キャンプ場向け

講座開催、指導者養成講座の開催。
企画作り、アドバイザーのご相談を承っています。

・原始の火起こし作りWS
・はじめてのキャンプ初心者講習
・はじめてのブッシュクラフトサバイバル講座
・アウトドア防災キャンプ
・焚火ストーブ作りWS

実績

企業様の社内研修

長野県長野市にある株式会社アドイシグロ様にて、防災・災害対策研修をご依頼頂き実施致しました。

午前中に災害対策の基本と自助(まずは自分が生き延びる方法)について座学と実践を行いました。
午後は、非常用持ち出し袋から災害時に使える道具を、ゲーム形式で楽しみながら実際に使ってもらいました。

詳しいレポートはこちら↓をご覧ください。

https://bushcraft.wagamamalive.com/report_urban_survival_adishiguro_20200926/

講演会形式

長野県塩尻市立広丘小学校にて、保護者向けのPTA講演会でお話させて頂きました。

「災害を乗り越えるコツと備え」

ワークショップ形式

実績として、松本市の鎌田児童センター様や本郷地区図書館様、NPO法人富士山ネイチャークラブ様からのご依頼を受けて、シェルター作り講座を開催しています。小学校の授業の一環で、環境教育(水の循環、浄水、下水処理、ペットボトル濾過器の作成、実験)の授業も行っています。

提供メニュー例)

  • サバイバルの基本ーシェルター作り(ロープワーク)
  • アウトドアナイフの使い方(ペグ作り)
  • 自然に優しいエコなネイティブアメリカン的焚き火術
  • 水の確保(ろ過器作り)
  • 火起こし術(弓きり式火起こし器作り)
  • 非常時の火の確保(身近な材料で着火剤やランプ作り)
  • その他、お気軽にご相談ください。

企業様の研修合宿で焚火プロデュース

社内の交流と気付きの力を高め、研修効果を高めます。

ぷれじーる様と共同で企業様の研修合宿にて焚火プロデュースを行っています。
(ぷれじーる様のホームページ: https://nekodake.com/

ただ焚き火を燃やすだけではなく、
火産みの儀式と称して、原始の火起こしで火を着けることで参加者同士が自然と打ち解け合う仕掛け、場作りを致します。

もちろん、ブッシュクラフトの思想を取り入れながら。

翌朝には感覚瞑想という30分程度のワークもご提供します。これは、日常のスマホやパソコンを凝視するような目の使い方から、五感を解放して自然全体を感じる使い方へ誘導致します。

焚き火の揺らめき、自然を感じることで体のリズムを整えて、アウェアネス(気付き)が高まり、アイデアが生まれやすくなります。

そんな状態での語らいは、心の底からの交流を促します。

場作りが大切になってくるため、ただ今既存のご利用者様からのご紹介、常連様に限ってご提供させて頂いています。

気になる方は、一度ぷれじーる様へお泊まり頂き、雰囲気を感じてみてください。

ぷれじーる様のホームページ: https://nekodake.com/

お問い合わせ

お問い合わせはこちらのフォームでお送り頂くか、メールにて承ります。
※2,3日中に返事がない場合、お電話でお問い合わせください。

メール: k-suenami@wagamamalive.com
電話(担当すえなみ): 090-9122-6032