はじめてのブッシュクラフトサバイバル教室 第2回「アウトドアナイフの使い方 編」 2021年3月21日

先日(2021年3月21日)に開催した
「はじめてのブッシュクラフトサバイバル教室」第1回 アウトドアナイフの使い方 編のレポートです。

ナイフと呼吸を合わせることを知る

今日の講座は、アウトドアナイフをマスターすることを目指して行っていきます。

ですが、目的はマスターすることではなく、ナイフと自分の呼吸を合わせていくことを体験します。

ナイフは人の力を拡張してくれる分、良いように使うことも、悪いように使うこともできます。
便利な道具になるときもあれば、怪我をする危険な道具にもなります。

電気などの動力がある機械との違いは、人が意志を持って動かさなければ動くことはない。ということ。

怪我をしない安全な使い方の話では、リスク管理の考え方として、自分の心を水面の様に穏やかにすることをお話しました。
水面が乱れている状態では、自然の繊細な信号は受け取れませんから。

基本的な4つの使い方でペグを作る

実用的な道具作りということで、拾ってきた枝を使ってペグを作ります。

前回やったシェルター編では市販のペグを使いましたが、ナイフの使い方をマスターすることで現地の素材でペグを作ることができます。

お昼は焚火料理

お昼は毎回焚火を焚きます。
お昼は受講生の皆さんにお任せしているのですが(もちろん、買ってきた物を食べても良い)、土鍋でご飯を炊いたり、ししゃもを焼いたり、焼き芋をやったり。

お陰様でお腹がいっぱいになりました。ご馳走様です。

次回は4月18日(日) 道具を使わない直火 焚き火術

お申し込みは以下のwebサイトより。
※単発でも受講できます。

何か不明点や懸念点がありましたら、LINEで気軽にお問い合わせ下さい。

友だち追加

メールでの講座案内をご希望の方は、こちらからご登録ください。

Facebook、Twitter、LINEでの配信も行っています。

Follow me!

私共は、自然豊かな長野県の里山を舞台に、
年間を通じて、大人向けのアウトドア教室を運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です